月5,000円稼ぐアフィリエイターがたった5%なのは本当?

月5,000円以上稼ぐアフィリエイターは全体のうちたった5%だけで、あとの95%はまともに収益を上げられていない。

随分前から噂されていますが、これは本当なのでしょうか?

実際月収何十万、何百万円と稼ぎだすアフィリエイターはいくらでもいますし、逆に何年もアフィリエイトを続けているのにろくに稼げていない人がいるという話はあまり聞きません。

いるにはいますが…。

ともかくこれからアフィリエイトを始めようとしている、あるいはまだ始めて間もない人はこの噂を聞いて「本当にアフィリエイトで稼ぐことってできるのか?」という不安を抱いていると思うので、今回はその辺りについて説明していきます。




月5,000円以上はたった5%だけ?

「月5,000円以上稼ぐアフィリエイターは全体のうち5%しかいないのか?」

この質問に対して先に結論を言ってしまうと、それはある意味真実であり、ある意味間違いです。

回りくどい言い方をしてしまい申し訳ありませんが、具体的にはアフィリエイターをどこまで含めるかによって変わってきます。

まずアフィリエイターを現在進行形で実践し続けている人に限った場合。

この場合はアフィリエイトを開始したばかりの人を含めても確実に5%以上存在すると思います。

僕の場合は月5,000円を稼ぎだすまでに半年ほどと結構長い時間かかってしまったのですが、早い人だと一月もあれば達成してしまうでしょう。

少なくとも何年もアフィリエイトをしているにも関わらず5,000円すら達成していないという例は片手で数えられるほどしか聞いたことがありません。

それにその数人もまともに作業をしていない人たちばかりだと思います。

なんだかんだ理由をつけてサボってばかりだと何年経とうが収益は上がりませんからね。

では逆に「月5,000円以上5%」の説が正しいのはどういう場合なのかというと、もうアフィリエイトを辞めてしまった人も含めた場合です。

もう周知のことだとは思いますが、アフィリエイトでまともな収益を上げるまでにはある程度の時間がかかってしまいます。

言ってしまえば即金性がない、故に多くの人は初期段階で挫折してしまうんですよね。

僕も例に漏れず経験しましたが、確かにお金が入ってこないのに作業を続けるのは相当しんどいです…。

僕は同じコンサルに所属していた人たちが既に結果を出していたことが励みになって乗り越えることができましたが、それがなかったと思うとちょっと自信がありません。

いつものようにコメダでGoogleアドセンスのアプリを開き、初めて“1円”稼げたと気付いた時は思わず半泣きになったことをよく覚えています。

少し話が逸れましたが、まともに作業をしていない人でもとりあえずASPくらいは登録していますよね。

なので例えば現在もアフィリエイトを続けている人ももう辞めてしまった人も関係なく「とりあえずA8に登録している人の中で」という数え方をすれば、月5,000円以上稼いでいる人はもしかすると5%くらいしか存在しないのではないでしょうか?

また大抵のアフィリエイターは複数のASPに登録していると思いますが、その中には使っていないASPもありますよね。

僕も10以上のASPに登録していると思いますが、そのうちまともに使っているの4つか5つほど。

なのでそのことも踏まえるとするならば、月5,000円も稼げていない人がほとんどという捉え方もできるというわけです。

ちゃんと作業を続ければ結果は出る

「月5,000円以上5%」説はアフィリエイターをどこまで含めるかによって真偽が異なると言いましたが、どちらかというと皆さんが気になるのは「途中で諦めず、ちゃんと作業を続けた場合」ですよね。

安心してください。

これまで話したことからもわかる通り、ちゃんとアフィリエイトを続けていれば結果は出ます。

どれくらいの期間で達成できるかは個人差がありますが、少なくとも月5,000円くらいならある程度作業を続ければほぼ100%稼ぐことができます。

もし何年も続けているのに5,000円すら稼げていないという人がいるならば、その人は絶対まともに作業していません。

それかPDCAサイクルを回さず、自分が行なっている作業が全くの見当違いだと気づかずに繰り返しているかです。

ちなみに僕が所属していたコンサルを例に挙げてみると、まずコンサル生の人数は30人ほど。

半年と1年の2コースがあり、だいたい半分ずつに分かれていました。

半年コースの人の中には残念ながら途中で挫折してしまった人も何人かいたようですが、1年コースの人は全員コンサル期間内に月10万円以上を達成。

最高額を稼いでいた人はアフィリエイトを始めて1年も経っていないのに一月で300万を達成していました。

人伝いに聞いた話でもある程度の期間作業を続けてきた人は誰もが5,000円以上を達成していたと思いますが、やはりここからも辛抱強く続けさえすれば確実に結果を出すことができるということがわかります。

それに突き詰めていけばいくらでも細かいテクニックがありますが、基本的にアフィリエイトは“量”重視。

もちろん最低限の質は保たなければいけませんが、特に始めたばかりの頃は間違いありません。

「キーワード選定→リサーチ→執筆→分析」

めちゃくちゃシンプルに言えばアフィリエイトはこの繰り返しです。

これはアフィリエイト初心者の人も既にわかっていることだと思いますが、結果を出せないうちは何かと他の要因のせいにしがちなんですよね。

僕も以前はそうでしたが、多くの場合、結局は量が足りていないだけ。

ダイエットや投資のような超王道ジャンルはさすがに一筋縄ではいきませんが、ある程度マイナーなジャンルならとにかく数を積み重ねていけばそのうち結果が出てくると思います。

例え10,000文字の記事を1記事だけ書いてもドメインパワーが弱いうちは検索上位には上がってきません。

初心者にはトレンドアフィリエイトがおすすめ

アフィリエイト、特に収益が上がるまでの初期段階ではどれだけモチベーションを維持できるかということが課題になります。

僕の場合はコンサルに入ることでそれを克服することができましたが、やはり何かしらマインドを保つ方法を確保しておくことが重要です。

なのでとりあえずは「アフィリエイトで稼ぐことはできる!」ということを実感しましょう。

他の人も言っていますし僕も同感ですが、アフィリエイトで最も難しいのは最初に収入を得られるようになること。

もちろんそれ以降伸び悩んだりして苦労することなんていくらでもありますが、最初が最難関であることは間違いありません。


そしてアフィリエイトには量が大切だと言いましたが、これが最も顕著に現れるジャンルがトレンドアフィリエイトです。

初心者にはトレンドアフィリエイトがおすすめだとよく言われますが、その理由はここですね。

イベントものや季節もの、あとは芸能系なんかがそうですが、新規のキーワードはやはりライバルが少ないです。

もちろんそれらは寿命が長くないのでいつまでも利益を生み出してくれるわけではありませんが、瞬間的な爆発力があります。

なのでよくある手法として、まずトレンドアフィリエイトで“稼ぐ”という感覚を身につける。

その後慣れてきたら徐々に物販アフィリエイトにシフトしていく、というパターンが鉄板ですね。

またトレンドと物販を混ぜていくというやり方もおすすめ。

簡単に説明すれば、一時的でもトレンドでアクセスを集め、そこからドメインパワーをつけるなり、内部リンクを繋げるなりして物販の成約を狙っていくということです。

以前受けたセミナーではそれが最も手っ取り早く稼げる手法だとも言っていたので、まだどのようなサイトを作るか決めきれていない人は参考にしてみてください。