アフィリエイト・ブログで毎日更新するコツを具体的に解説

「アフィリエイトやブログは毎日記事を更新した方がいいのか?」

こういった疑問を抱いている人は多いですよね。

正直どのようなサイトを運営しているかにもよるので具体的に「こんくらいの頻度で更新すべき」ということは言えませんが、間違いないのは「更新頻度は高い方が絶対にいい」ということです。

3日に1記事よりは1日1記事、1日1記事よりは1日3記事。

単純に更新頻度が高いことはあらゆる面において有利に働きますが、逆にたくさん記事を更新することによるデメリットはありません。

まあそんなことは誰でも分かっていると思いますが、難しいのはそれを実行することですよね。

なので今回は僕が実践している更新頻度を上げるコツを紹介していきます。

モチベーションが上がらず、作業が捗らないという人は覗いていってください。

現在188日連続更新中

2018年12月25日現在、世はクリスマスだなんだとはしゃいでいますが、今日も今日とて僕は記事を更新しています。

僕は去年の12月から1日のうち何時間作業をしたのか、どれくらいの成果が上がったのかを記録しているのですが、それを見返してみたら最後に休んだのは2018年6月20日。

今日で188日連続で記事を更新しているとのことでした。

ちなみに2017年12月1日以降、丸一日休んだのは全部で9日間らしいです。

ただ一応断っておくと、働いた日全て何時間も働いていたというわけではありません。

そんなことをしていたら今頃過労死していると思いますが、「今日はちょっと少なめにしよう」と1,2時間しか作業をしなかった日もあります。

とはいえ逆に15時間以上働いていた日もあるので、多分1日の平均作業時間は8〜10時間くらいだと思います。

ともかく今なお更新している連続労働日数ですが、我ながらよくやっているな、と。

週末や祝日も関係なく働いているわけですが、もちろん始めからそんなことができたわけではありません。

アフィリエイトを始めばかりの頃は休みたい、遊びたい、という誘惑に負け、何もできなかった日もたくさんありました。

当時僕はただの大学生だったのでいきなりフルタイムで働くなんて無理があったということもありますが、たった1年やそこらでなぜここまで変われたのか。

今回は僕なりに実践して良かったと思えるコツを紹介していきます。

まずは3週間続けてみる

人というものは順応するものです。

それまで馴染みがなくとも、一定期間続ければ大抵の環境には慣れてしまいますよね。

嫌なことや辛いこと、仕事はその最たる例ですが、それも習慣化してしまえばもうこっちのものというわけです。

以前参加したセミナーで聞いたのですが、その一定期間とは大体3週間。

もちろん個人差はありますが、それくらいの期間続けることができれば人は慣れてしまうとのことです。

なのでやる気がなくて作業が進まないという人はとりあえず3週間続けてみましょう。もちろん毎日。

そのセミナーを受けて以来、僕も何かを始める時は3週間を意識するようになりましたが、確かにそれくらい経つといつの間にか平気でこなせるようになった自分がいることに気がつきます。

続けるより始める方が難しい

これもどこかで聞いたことなのですが、作業を続けるより始めることの方が精神的に負担がかかるらしいです。

具体的にどういうことかというと、例えば「1日3時間作業しよう」と決めた場合。

実際に作業を3時間続けるよりも、作業そのものを始めることの方が難しいんだそうです。

「やり始めたら意外と長時間続けられた」という経験ありませんか?

僕はものすごく心当たりがあるのですが、つまりはそういうことです。

普段の仕事でも、朝起きて出勤するまではものすごくだるいのに、いざ職場に着いたらいつも通り仕事ができるものですよね。

学生のテスト勉強でも、スマホを置いて机に向かうまでは長いけど、そこからは意外とすんなり勉強できた、なんてことがあるでしょう。

なのでアフィリエイトでモチベーションが上がらないという人はまずはパソコンを開きましょう。

それ以上できなければもうしょうがないです。

本当に心身ともに疲弊しているかもしれませんし、無理はいけません。

しかしパソコンを開くことができたらもうその時点で最難関ポイントはクリアしたと言えるので、そこからはだいぶ楽。

「せっかくだからキーワード選定だけしよう」

「せっかくだから記事の見出しだけ決めよう」

「せっかくだからちょっと本文も書いてみよう」

そうこうしているうちにいつの間にか作業に没頭していて、気づけば数時間経っていたなんてことがあると思います。

目標・ノルマを決める

これはもう聞き飽きていることだと思いますが、やはり目標やノルマを決めておくことは効果的です。

「1日1記事更新する」、「1日3時間作業する」など、自分のスケジュールと理想を考慮し、無理でない範囲、しかしできる限り精一杯の目標を決めておくとモチベーションも維持しやすいですね。

これは個人的な考えですが、目標を決めるとモチベーションが上がる理由はゴールが見えているから。

例えばランニング一つとっても、「できるだけ走る」と「10km走る」とでは大違い。

目標がはっきりしていないと疲れてきた時に「今日はもうこの辺で辞めておこう」と中断してしまいがちですが、終わりが見えていればなんとなくやる気が出てきたりするものです。

また一つ一つの作業を消化していると現在の進行状況を実感できるので、達成感も得やすいですよね。

ちなみにこれは上記のコツとも組み合わせやすいと思います。

例えば「とりあえず3週間毎日1記事更新する」という目標を立てるとしましょう。

日によってはついサボってしまいたくなる時もあると思いますが、そんな時はまずはパソコンを開いてみてください。

そこで「せっかくパソコンを開いたし、どうせなら1記事仕上げてしまおう」と思えたら完璧です。

とにかく自分を追い込む

これはめちゃくちゃ精神論ですが、自分自身を追い込むということはとても効果的だと思います。

火事場の馬鹿力というやつですね。

ちなみに僕の場合、それは「卒業までに結果を出せないと無職になってしまう」という環境でした。

僕は大学3年の3月に就活をやめてアフィリエイトで食べていこうと決心したのですが、当時の収入はゼロ。

卒業までに食べていけるようにならないと無職、良くてフリーターになってしまうという状況に身を置いていました。

いきなり毎日休まず作業をするということはできなかったのですが、卒業が近づくにつれて焦りも募り、もうモチベーションが右肩上がりでしたね(笑)

独立に反対気味だった両親からは一応一般企業の内定だけでももらっておいた方がいいと言われていたのですが、逃げ道は作りたくなかったので断固拒否。

というよりアフィリエイトの将来性が高いということはわかっていたので、就職するくらいならフリーターをしながらでもアフィリエイトを続ける方がいいと思っていました。

しかし結果的には卒業時点で何とか月20万円くらいの収入は得られるように。

ただ当時はまだ不安定だったので以前から興味があったバーテンダーを副業としてこなしていたのですが、それも今年の9月で辞め、今ではアフィリエイト一本で生活しています。

コンサルを受ける

これは決して少額ではないお金がかかってしまうので誰でもできるというわけではないのですが、モチベーションを上げるにあたって最も効果的だと思うのはコンサルを受けるということです。

既に結果を出している人が開催しているコミュニティに加入してセミナーを受けたりすることですが、これはもう誰もが言っていることですし、間違いないでしょう。

ちなみに僕も以前までコンサルに所属していました。

1年間で50万円という大金を費やしたのですが、これがもう効果抜群。

自分以外にもアフィリエイトに取り組んでいる仲間がいるということがとても大きな励みになりました。

それに月100万円以上稼いでいる猛者も何人かいたので、「アフィリエイトは稼げないんじゃないか?」という不安は一切なかったです。

もちろんノウハウが学べたということもめちゃくちゃためになりました。

正直当時学生だった僕にはかなりの出費でしたが、バイトの給料や貯金を切り崩し、月一で名古屋から東京や大阪まで足を運んだ価値は確実にありました。

もしコンサルを受けていなかったら本当に無職になっていたかもしれませんし、他にもコンサルのおかげで脱サラできたという人もいましたね。

ノウハウよりマインドの方がよっぽど大切

極論じみているかもしれませんが、僕はアフィリエイトにおいて何より大切なのはマインドだと思います。

もちろんノウハウも大切ですが、それはアフィリエイトを続けていれば勝手に身についてくることですし、わからないことがあってもネットにいくらでも情報が載っています。

よくサイトのデザインにこだわって記事の執筆が進まないという人がいますが、そんなものは後でいいです。

僕もサイトのデザインにはついついこだわってしまう性格なので気持ちはよくわかるのですが、実際いくらサイトをおしゃれにしても記事がないことにはPVは稼げません。

そうなると当然収入も入ってきませんよね。

もちろんデザインが優れているに越したことはありませんし、濃いファンをつけるためには重要なことですが、それが最優先ではないでしょう。

地味なサイトであってもクオリティの高い文章があれば検索順位は上位に食い込みますし、商品も売れます。

なのでまずは愚直に記事を積み重ねることが大切。

始めのうちはとにかく質より量を重視した方がいいと思いますが、記事数を積み重ねるに伴って自然とその質も高くなっていくでしょう。