50万のコンサルに入って良かったこと・悪かったこと

2019年5月1日。

30年以上続いた「平成」が終わり、新しく「令和」の時代に。

僕は平成7年生まれで改元は初めてのことなので、嬉しいのか寂しいのか、何とも表現しがたい心情です。

まあそれはともかく、世は前代未聞、10日間という大型連休の真っ只中。

にも関わらず自営業の僕は普段と変わらず仕事をしているわけですが、この記念すべき日に当ブログも更新しておこうかと思った次第です。

最近は専ら他のブログの構築に時間を割いていたので結構久しぶりですね。

さて、そんな今回の記事は僕が入っていたコンサルについて。

最近は情報発信者も増え、コンサルを開催する人、またそれに所属する人もだんだん増加してきましたね。

ただしそんなコンサル、たくさんのメリットがあることは当然ですが、ネックとなるのはやはり決して安くない料金。

故に入ろうか決めかねている人もたくさんいると思うので、そんな人の参考になればと思い、僕が入っていたコンサルの良かったところと悪かったところを話していこうと思います。




1年50万円のコンサルに入っていました

僕は2017年の7月から1年間、ある人のコンサルに入っていました。

冒頭でも言った通り、近頃は情報発信をしている人はだいぶ増えてきましたが、僕もそんな人の元でアフィリエイトを学んでいた時期があります。

ちなみにその料金は50万円。高い。

1年という少し長めの期間だったのでそれくらいして当然ですが、やはり高いものは高い。

少なくともお試し気分で払える金額ではないですよね。

しかし実際それくらいのお金を払ってでも誰かのコンサルを受けようか迷っている人もいると思いますが、重要なのは本当にその価値があるのかどうか。

最初に結論を言っておきますが、僕はそのコンサルに入って良かったと思っています。

当時大学4年生だった僕は就職活動なんて一切せずにアフィリエイトに打ち込んでいたのですが、もしそのコンサルに入っていなかったら今頃は十中八九フリーターかニートです。

次からはコンサルのどこが良かったのか、反対にどこが悪かったのか、具体的な内容とともにまとめていくので、興味がある方は目を通してみてください。

コンサルに入って良かったこと

ノウハウが身につく

コンサルに入って良かったことの一つ目、それはやはりノウハウが身につくということでしょう。

それがなくてはコンサルの意味がないですしね。

ちなみに僕が入ったコンサルの内容を具体的に挙げると以下の通り。

  • 動画コンテンツ
  • セミナー(月1回、東京or大阪で開催)
  • 懇親会(毎回セミナー後)
  • Skypeでの通話コンサル(回数制限なし)

一つずつ簡単に説明していくと、まず動画コンテンツはコンサル生にのみ限定公開されているサイトに全てまとめてありました。

よくあるネット教材のような形態ですね。

wordpressの初期設定やアドセンスアカウントの取得方法などの超初心者向けのものから、キーワード選定やSEOなどの中級者以上に向けた実践的なものまで。

正直その内容はネット上にありふれているような情報も少なくありませんでしたが、同じ情報でも自分が認めているメンターが発信しているものだとやはり頭に入ってきやすいです。

もちろんそのメンター独自のノウハウもありました。

そしてセミナー。

これは毎月1回、東京か大阪で開催され、メンターから直接指導してもらえるというものです。

所要時間は毎回2時間程度でした。

ちなみに来れなかった人や見返したい人のために後で動画としてもアップロードされていましたが、これはコンサルによって実施していないところもあると思います。

とはいえやはり直接聞いた方が印象に残りやすいですし、別の方をゲスト講師として招いていたことも何度かありました。

またセミナーの後には毎回懇親会がありました。

みんなで食事をしながら話し合うのですが、これがまたすごくためになるんですよね。

お酒も入っているので結構ぶっちゃけた内容が聞けたりもしますし、アフィリエイト以外のことに関しても色んなことを吸収できました。

最後にSkypeコンサルについてですが、これはメンターと1対1で相談したりアドバイスをもらえたりするというもの。

1回の通話時間は内容にもよりますが1時間程度。

回数に制限がなかったのでいくらでも活用できましたが、ここもコンサルによって異なると思います。

答え合わせができる

アフィリエイトを教えてもらう、そして実践する。

となると次はそれが正しかったのか、間違っていたのかを確かめることが重要ですが、メンターがいるとその答え合せをしてもらえます。

つまりPDCAサイクルを加速してもらえるということですね。

さすがに1から10まで手取り足取りというわけにはいきませんが、方向を修正してくれるだけでも十分意味があります。

もちろんメンターだって神様ではないので、わからないこともあれば間違っていることもありますが、少なくとも自分より知識がある分、より正確な分析をしてもらうことができるでしょう。

情報を共有できる

情報を共有できる、つまり一人でやっている時と比べて入ってくる情報の量と質が全く違う。

これもコンサルに入っている大きなメリットの一つですね。

メンターはもちろんですが、同じコンサル生ともシェアすることができます。

僕が入っていたコンサルは大体30人ほど所属していたのですが、僕は当初収入がゼロで、つまるところ一番格下。

聞こえは悪いですが、前向きに考えれば他の人は全員先輩であり、最も多くのことを学べる立場にいたということです。

共有してもらえた情報の中にはアフィリエイト全般に言えることから各ジャンルに関するコアなこと、またアフィリエイトに限らず、ビジネス全般に言える社会的なことも学べました。

また年齢も僕が一番下だったということもあり、このメリットは本当に魅力的でしたね。

それに一人で作業をしていると緊急事態への対応が遅れてしまう場合がないとも限りません。

例えばアフィリエイトはどうしてもSEOに依存している部分があるため、アップデートでサイトが飛ぶという話もちょくちょく耳に入ってきます。

まあどれだけクリーンなサイトにしていても飛ぶ時は飛びますが、アップデートの内容を知り、迅速に対応することでもしかしたらそれを回避することができるかもしれませんし、むしろ表示順位が上がる可能性だってあります。

正直そこまで極端なことはそうそうありませんが、リスクを減らし、チャンスを得られるという意味では情報源が多いに越したことはありません。

モチベーションが上がる

最後にモチベーションが上がる。

実際にコンサルに入ってみないと実感できないことだと思いますが、最大のメリットはここだと思います。

なぜなら当時、僕の周りでアフィリエイトを実践している人はゼロ。

それどころかその名前を知っている人すら片手で数えられるほどしかいませんでした。

学生だったので尚更ですね。

となると当然アフィリエイトで収益を得ている人もいなかったわけですが、コンサルに入ると環境が激変。

既に月数十万〜100万円以上稼いでいる人が結構な数いましたし、会話のレベルがものすごく高い。

つまり何が言いたいかというと、その人たちの存在そのものが「アフィリエイトは稼げる」という何よりの証明だったということです。

そしてそれを実感できているのといないのとではモチベーションが全く違います。

それ以前も決してやる気がなかったわけではありませんが、追いつき、追い越したいと思える人たちが周りにいることで精神的に大きく成長できたと思います。

コンサルを受けて悪かったこと

料金が高い

ここからは反対にコンサルの悪い面も正直に話していこうと思いますが、まずはやはり料金が高い。

本当に高い。

1年間で50万円。

正確には前半の半年で30万円、後半の半年で20万円という2コースに分かれていました。

それを毎月5万円ずつの分割払いで払っていたのですが、ただの学生には痛すぎる出費…。

基本的にはバイト代から払っていたのですが、僕はそこまでシフトを入れている方ではなかったので、足りない部分は親が昔から貯めてくれていた貯金からまかなっていました。

まあ1年という期間を踏まえれば妥当な金額なのでデメリットとは言えないですが、この料金設定の高さがネックということも間違いないですね。

またリアルセミナーに参加しようとなるとさらに移動費がかかります。

大体は東京か大阪で開催されると思うので、それ以外の場所に住んでいる人にとってはこれまた少なくない出費になります。

あとは懇親会の参加費も当然別になるのでそこも覚えておきましょう。

必ずしも稼げるようになるわけではない

僕はこのコンサルの期間内に月20〜25万程度稼げるようになりました。

当初ゼロだった頃に比べれば悪くない、むしろ結構良い結果だと言えるでしょう。

もちろん同じゼロスタートからもっと稼げるようになった人もいれば、逆に最後まで稼げなかった人もいました。

コンサルを受けた期間も同じ、教えてもらった内容も同じ、そして支払った料金も同じ。

その人たちが現在どうなっているのかはわかりませんが、現実問題として個人差はどうしても出てしまいます。

しかし少しシビアなことを言うと、その人たちは作業をしていませんでした。

副業で取り組んでいた人がほとんどだったので、アフィリエイトに費やせる時間は人によって異なるわけですが、そんなことは本人も承知の上でコンサルを受ける決心をしたはず。

いくらメンターが良質なノウハウを教えたところで、コンサル生自身が作業をしなければ結果が出るはずもありません。

少なくとも真面目に作業をし、セミナーや懇親会に積極的に参加していた人は全員月10万円以上は達成していました。

あくまできっかけ、結局は自分次第

僕なりに感じたコンサルの良い点、悪い点は以上です。

冒頭で言った通り、僕は高額料金を支払う価値があると思いますが、ぶっちゃけそれは僕が結果を出せたからに他ならないでしょう。

逆にコンサル期間内に結果を出せなかった人の中には「50万円の価値はない」と思った人もいるはず。

つまりコンサルはあくまできっかけに過ぎません。

実際に得られたノウハウやサービスの価値を金額と同等以上に昇華させられるかは自分次第ということです。

しかし間違いないのはそのノウハウは正しいということ。

聞く話によると詐欺まがいの人もいるようですが、少なくとも僕のメンターは正しいことを教えてくれました。

そしてその正しいことを実践していけば遅かれ早かれ結果が出るのがアフィリエイトです。

なので僕の考えではコンサルに入るべき人と入るべきではない人の境目はシンプル。

今一度考えてみてください。

現在の仕事や私生活に加え、毎日毎日何時間も作業をし続ける覚悟があるのか。

覚悟があるなら入りましょう。

少なくとも僕の周りで作業を続けて結果が出なかった人はいません。

絶対に後で「入って良かった」と感じると思います。

自身が無いならとりあえずやめておきましょう。

もしかしたらそこまでするほど今の生活に不満はないのかもしれませんし、お金が無駄になるかもしれない、というリスクを無理に冒す必要はありません。